読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パレスチナ食堂

中東パレスチナ地方インスパイアされた毎日

ファラフェルショップで修行

今回の修行場所は なんと難民キャンプ。 ベツレヘムにあるDキャンプのファラフェル屋さんで 厨房に入らせてもらう。 このキャンプは二度目の訪問。 ちなみに日本支援の病院もあります。 そんな修行を経て 4月3日は福岡市南区にて パレスチナ食堂イベント開…

Bethlehem

Holy!!ベツレヘムといえば、イエスキリスト生誕の地。ここ世界遺産なんだけれど、パレスチナとイスラエルの政治的な状況からヨルダン管轄の世界遺産。まさにこの星のポイントで生まれたらしい。バンクシーの絵。家の壁に描いて行ったとこもある。風化防止の…

聖書

これはユダヤ教徒でなくてもキリスト教徒でなくても、何の宗教を信仰してなくても面白い読み物。その中の登場人物で1番好きなのはマグダラのマリアイエスキリスト復活を見た人。また娼婦から聖人になったとも言われたりイエスキリストの妻だったとも。諸説あ…

God bless you all.

ベルギーでテロ。悲しくて仕方ないです。ベルギーにはパレスチナ人の友達が住んでるし近くの国にもお友達が。亡くなった方、、、ご冥福お祈りします。怪我した方、早く回復しますように。関係するみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

Jerusalem

あー、戻ってきましたHoly Jerusalem 何度来ても魅せられるThe western wallVirgin MaryJesus歩いても歩いても飽きない今は藤も見頃

Ramallah

CanaanからJeninに乗合バスで移動する。バスで一緒だった夫婦と少し歩きRamallah へセフビスで向かう。途中まさかの?やっぱりの?パンク。男たちみんなで修理。女たちは見学。馬で山を登る子供たち発見。そんな珍道中もまた旅の醍醐味。Ramallahは現在の事…

Canaan Fair Trade

仕入先訪問。出迎えてくれたFida事前に何度とメールでのやり取りをしてたのでやっと、会えた!感満載。会社の設立目的や事業計画、今後の展望仕入れたい商品のことを話してるとあっという間に時間が経った。社内の作業場を見学させてもらう。オリーブオイル…

Araba

Check pointの越えてパレスチナ側に行くとタクシードライバーたちが待ち受けている。宿主に電話しないといけないの、というと電話して場所の説明までしてくれピタとフムスがあるから待ってる間、食べて行きなさい、とお茶によばれる。あー、アラブに来たなー…

パレスチナへの道程 実践編3

最悪の事態を考えて4時間は見ておく。テルアビブのバスセンターに行く。といってもバスセンター横のシェルート乗場。検討した方法は2つ。Jamalah check pointが3時までしか開いてない。Afula行きがあればそれに乗ってそこからタクシー。なければJerusalem - …

パレスチナへの道程 実践編2

さてさて、マルタより出国しまずはイスタンブールへ。イスタンブールの乗り継ぎが厳しくなったような気がした。降機後乗り継レーンの前にセキュリティ。そして簡単な質問があった。今まではなかったのに。その後、テルアビブ行きのゲート219に向かう。ここで…

パレスチナへの道程 実践編1

今回は私のミスというか、欲張りな性格のせいでテルアビブ到着がShabbatにあたる。それでも、この高揚感!今マルタの国際空港からイスタンブールに向けてbordingパレスチナ自治区に入るまでの行程をメモしていきます。

パレスチナへの道程

今週のお題「好きな街」 ちょうどHatena Blog さんのお題がいい感じにハマったかもしれない。 今週末にパレスチナ地方に向かいます。 現在地マルタ共和国 そこからトルコ航空でイスタンブールを経由しテルアビブへ降り立つ。 今回、アポイントのため行かねけ…

シリアの

ファラフェル。 地中海西岸のマルタ共和国にある シリアの人のファラフェル屋さん。 パレスチナ食堂の定番メニュー。 所変われば、同じファラフェルでも味も色も若干違うのです。 方言みたいなものかしら。 threejp.com

この対岸

地中海西岸よりパレスチナを眺める。 この対岸が、そうパレスチナ。 地中海沿岸、ヨーロッパ側とアラブ側。 似て非なる。 味はたまに共通項あり。 対岸よりパレスチナに想いを馳せる。 Shop three